琴引浜の近隣スポット

琴引浜中心部にある、細川幽斎の歌碑です。

細川幽斎が詠んだとされる琴引浜の歌。

その歌の歌碑が琴引浜キャンプ場近くにひっそりと立っています。

細川幽斎って誰??

歴史好きの人はよく知ってる有名人物ですが、

一般の人はモチロン、地元の人たちでもなかなか詳しくは知らないのでしょうか??

細川幽斎とは戦国時代に丹後の国を治めた有名な歌人であり大名です。

元の名前は細川藤孝。細川ガラシャの夫である、細川忠興の父親です。

藤孝ははじめ室町幕府13代将軍、足利義輝に仕えていましたが

義輝が松永久秀らに暗殺されると明智光秀を通じて織田信長を頼り

15代将軍、足利義昭を即位させています。

以後は織田信長に仕えて丹後宮津の国11万石を治め、息子である細川忠興は

信長の勧めで明智光秀の娘である明智玉子(ガラシャ)を娶ります。

本能寺の変が起こると光秀より再三の救援要請が届きますが筒井順慶と共にこれを拒否。

以後は家督を忠興に譲り、剃髪して幽斎玄氏と名乗るようになります。

これ以降、細川藤孝は細川幽斎と呼ばれるようになります。

以後は文化人として千利休と共に秀吉に仕え、家康とも親交を深めていきます。

秀吉の死後、忠興は関ヶ原の合戦で東軍に属し、前線で石田光成軍と戦う活躍を見せ、

戦後39万9000石の大大名となります。

その後幽斎は京都吉田で悠々自適な晩年を送ったといわれています。

…この歌碑は親戚であり親友であった光秀を見殺しにした後のものでしょうか?

裏切り裏切られの戦国時代。常に大勢を見極め、強い者に仕えて

政治、戦、そして文化に優れていたとされる幽斎。

その彼が琴引浜の景色をみて詠んだであろう歌の歌碑。

若干わかりにくいトコにありますが、興味のある方は是非!探してみて下さい。

琴引浜の中心部にある与謝野鉄幹晶子の歌碑です。

琴引浜の海を蔵とする「海蔵寺」

座禅体験ができますヨ♪



その海蔵寺にある「鳴き砂観音様」は、砂供養の観音様です。


また、海蔵寺には、「なでなで地蔵」というお地蔵さんも祀られていますよ♪

琴引浜があるここ掛津区の玄関口には、地元有志の方が管理して下さっている「花のプロムナード」があります!
花植えから水やりまで全てボランティアなんです。



季節によって花の種類も変わり、とても見応えがあります。
沢山の季節の花たちが、皆さんのお越しを温かく出迎えしてくれることでしょう。

なでなで地蔵は、琴引浜の海蔵寺にある、可愛らしい名前のちょっと小首をかしげたお地蔵さま。
なでなで地蔵(海蔵寺)

この『なでなで地蔵』の頭をなでなですると、どの子も賢く元気に育つと言われています。
これはやっぱりなでなでしておかないと!
是非、お子様を連れて行ってあげてくださいネ♪

ネイチャークラブハウスは、「琴引浜のすばらしさを知る」「自然の楽しさにふれる」「環境問題を考える」場となることを願って2006年11月にオープンしました。
(入館無料)
ネイチャークラブハウス

安松先生夫妻
長年にわたり、東山高等学校の地学部顧問として漂着物の調査をしてきた、安松貞夫先生夫妻が設立。

ネイチャークラブ館内
館内には、大地をつくる岩石、地質、琴引浜の花、漂着物などが展示・紹介されていますヨ♪

ネイチャークラブハウスのホームページ
 ⇒ ネイチャークラブハウス

琴引浜は、「鳴き砂」なしでは語れません!


この『鳴き砂文化館』は、鳴き砂をテーマにした体験学習施設です。
いろいろな体験が出来ますヨ♪

◆体験プログラムに関してのお問い合わせ
鳴き砂文化館
TEL:0772-72-5511




 ⇒ 鳴き砂文化館

宿泊施設

琴引浜マップ

Facebook 琴引浜deさんぽ


月別記事一覧