6月2日に開催いたしました「はだしのコンサート2019」には、多大なご支援ならびにご協賛・ご協力をいただきまして、誠にありがとうございました。お陰様で、盛況のうちに恙無く終了いたしました。これも、応援いただきました皆様のおかげと、深く感謝いたしております。
 26回目となった今回のコンサートは、「Save the Earth! ~マイクロプラスチックから地球を救え!~」と題して、ご賛同ご協力を可能な限り集結して成功させようと運営してきました。

今回のコンセプトとして、前回同様、ナホトカ号重油流出事故の際に協力して頂いた人々への感謝の気持ちを伝えること。昨今注目が集まっております「マイクロプラスチックごみ」にスポットを当て、多くの方へその存在と脅威を琴引浜から世界へ発信することを大きな目的にしたい。そして、今日まで続けられてきた琴引浜の保全・活用の軌跡と、当コンサートのそれを再認識し、未来を生きる若人達に伝えることができればと考えました。島津小学校の子供達は例年同様フィナーレに「琴引浜によせて」を合唱してくれました。「ビーチクリーンアップ」は、網野高校ボランティア部の生徒たちが中心となり、学生主導のもと運営してくれました。そして、峰山高校、海洋高校の有志の皆も音響設備、クリーンアップなどのお手伝いをしてくれました。収集ゴミについても総重量約1㌧、マイクロプラスチックゴミ約9,800個(約100㎏、500人で2時間半、砂2万㎥=3,000㌧内にて)となりました。

お陰さまをもちまして多くの来場者のご参加を戴き、分野や世代、所在地の範囲を超えて琴引浜の価値と可能性を再確認する場となりました。フリーマッケット&フードブースにつきましても13店舗という多くの出店を戴き、会場を盛り上げて下さいました。皆様から頂戴いたしました協賛金にもとづいて開催いたしましたコンサートも、まだまだ慣れない我々有志スタッフによる準備・運営でしたが、皆様のお力添えでご参集いただきました皆様の笑顔でしめくくることができました。しかしながら、来場者の方から寄せられた貴重な声もありましたので、主催者一同肝に銘じて次回の開催に活かしていきたいと考えております。皆様のお力添えを得てこの企画を進められましたことを一同感謝しております。
 開催にあたりまして、お預かりした総額約100万円の協賛金とクリーンアップへの多くのご参集を戴きました。京丹後市からの事業助成、オムロン基金とあわせて、予定していた予算の全てをまかなうことができそうです。今後とも、ご支援ご協力のほどよろしくお願いいたします。簡単ではございますが、皆様のご厚情への感謝と御礼のご挨拶とさせていただきます。ありがとうございました。

26thはだしのコンサート2019

「Save the Earth! ~マイクロプラスチックから地球を救え!~

2019年6月2日(日)開催。

◎コンセプト

・昨今注目の集まる「マイクロプラスチックごみ」にスポットを当て、多くの方へその存在と脅威を琴引浜から世界へ発信する

・重油流出事故の教訓に学びながら続けられてきた琴引浜の保全・活用の軌跡と、当コンサートのそれを再認識し、未来を生きる若人達に伝える

*facebookページも是非ご参考ください。
 ⇒ https://www.facebook.com/concert.hadashi/


出演アーティスト(予定・敬称略)

 ※出演アーティストは変更の可能性もありますのでご了承ください。